ハチヂレゴケ(Ptychomitrium dentatum (Mitt.) Jaeg.)

ギボウシゴケ科

撮影時期(撮影場所):2012/5/23(佐賀県唐津市)

ハチヂレ

谷川沿いなどの半日陰地の岩上に塊になって生えます。

茎は高さ1~3cm。

葉は長さ3~4cmで、写真のように乾くと “よりより(長崎のお菓子)” みたいに縮れ、先はすこし尖っています。

雌雄同株。

胞子体は茎の先につき、長さ2~3mmの柄を有します。蒴〈さく〉(胞子体長端部のふくらんだ部分)は円筒形でイソギンチャクの様に口を開いたように見えます。

本州から九州にかけて分布し、中国やベトナムなどにも見られます。

この日は乾燥した天気のいい日でしたが、熱々の岩の上でも元気にしていました。グニグニと葉が縮れているのと、口を開いた胞子体が特徴的。

 

※ハチヂレゴケの説明は、井上浩 解説『フィールド図鑑 コケ』を参考にしています。
生息域別に紹介してあるのと、用語解説があること、写真が多いので持ち歩いてコケの同定に役立っています。
コケに興味のある方は、手にとって見てください。
こちらからも購入できます。